忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「で・・・、何を話しましょうか?」
「そうだね・・・」

いざ話すとなると、特に話題を用意してなかったのでちょっと困った。
ただ話せればそれで良いと思ってたからな・・・。

「じゃあ・・・、今回の失恋の事を話したいんだけど良いかな?」
「・・・!」

憂樹がちょっと驚いた表情になった。
まさか俺から話すとは思ってなかったんだろうな。

憂樹は俺が失恋をした事を知ってるからその事について話さなくなった。
確か亜矢子の時もそうやってくれてたな。

だから話すとすれば・・・、俺からしか無い訳だ。

「私は良いけど・・・、まさとは良いの?」
「うん・・・。ちょっと話したい気分なんだよ」
「まあ、ただ心の中に溜め込んで置くよりは話す事で発散した方が良いって言うしね」
「そうなんだ」

確かにそんな気がする。

「まあ何て言うか・・・、今回は参ったね。今までで最悪かも知れない」
「・・・それは辛いだろうね」
「うん・・・、これまでの中で一番手ごたえを感じてたんだけど
 まさか一瞬で全てが消えるとは思わなかったってとこかな」
「私だって上手く行くと思ってたよ」
「いろいろアドバイス貰ったのに結果に繋がらなかったよ。
 せっかくディズニーランドに下見にまで行ったのに無駄になっちゃったし」
「・・・何となくそんな気はしてたんだけど、やっぱり行かないんだ」
「うん・・・、行けないよ、こんな状況じゃ」
「その事で向こうは何て言ってた?」
「いや。って言うか、全然連絡無いからね」
「え!?それ、おかしいじゃない!一応、約束したんでしょ?」
「まあ、簡単な口約束だし・・・」
「そんな事関係無いでしょ!どんな形であれ『行こう』って約束はしたなら
 それで行けなくなったって言うなら向こうの一方的な都合なんだし
 そこは向こうが謝るのが筋ってもんじゃない!」
「・・・向こうは筋とか気にしてないんだよ。多分、彼氏に夢中で。
 そんな人だったからね」

今、山口さんがガッティに対してどれだけ入れ込んでいるかは分からないけど
前の彼氏との様子を聞く限りでは、また相当夢中になってると言うのは
容易に想像がつく。

「何よそれ・・・、リスカしてた子もそうだけど勝手過ぎじゃない。
 まさとは怒っても良い所だよ。むしろ怒らないと男としてどうなのって話だよ」
「まあ、そうだろうね。でも・・・別に良いよ。ヘタレでも」
「・・・・・・」

いつもならここで厳しい意見を言われるんだろうけど
憂樹は俺を気遣ってくれてるのか、何も言わなかった。
こんな状況じゃ仕方ない、とでも思ってくれてるのかな。

「もう怒る気力も無いって事?」
「そんなとこだね。どうでも良いんだよ」
「そう・・・」

今の俺は、完全に無気力状態だから・・・。

「そう言えばさ」
「何?」
「まだ相手の名前とか聞いてなかったよね」
「・・・ああ、そうだったね」
「教えてくれない?何て言う子だったの?」
「それは・・・」

そうだ。山口さんの名前は優希子って言うんだけど
憂樹に似てる名前だったから教えるのが恥ずかしかったんだよな。
言う機会が無くって今まで引っ張り続けて来たんだけど
結局そのまま終わっちゃったと言う、何ともみっともない話になった訳だ。

鈴木さんの名前も同じくだ。
山口さんの名前を教えてなかったのでそのまま言いそびれてしまってた・・・。

「ごめん。ちょっと言わないままにしたいんだ」
「え。・・・それは何故?」
「まあ、いろいろあってね・・・。今更言うのも恥ずかしいと言うか」
「・・・そう。じゃしょうがないか」

最初の頃、山口さんの名前が憂樹に似ていた事で驚いて
年齢も同い年、言う事が似ている、と来てますます驚いたもんだ。

・・・まあ、言う事が似ていたのは偶然だったんだろうけど。
考え方とかは全然違うし。

今にして思えば、その辺りが俺が山口さんに惹かれた理由の一つだったのかもな。

俺の中で憂樹は特別な存在になってるから
山口さんのどこかに憂樹を重ねて見ていたのかも知れない。

厳しい事を言えば、本当の意味では山口さんを好きになったとは言えないのかも知れない。

憂樹がいなかったら山口さんを好きになっていなかったのかも知れない。

鋭い憂樹の事だ。自分に名前が似ていると知ればそこにも気付くだろう。

そうなると・・・、ちょっと恥ずかし過ぎる。

「・・・・・・」
「・・・・・・」

会話が止まってしまった。
次は何を話せば良いのか分からなくなってしまった。

でも・・・。

「ありがとう。ちょっとだけ気持ちが晴れたみたいだよ」
「そう。それは良かったね」

今の俺には・・・、憂樹は本当に心の支えになってる。

憂樹がいなかったらどうなるか分からないくらいだ。

「あ、そうだ。ちょっと謝らないと」
「謝る?」
「実はさ、『treasure』もやめちゃったんだよ」
「・・・何で?」
「もういろんな事に気力が無くなっちゃってさ・・・」
「そう・・・」
「バイトにしても、『treasure』にしても、せっかく勧めてくれたのに
 こんな形でやめる事になっちゃって。
 ディズニーランドも付き合ってくれたのに無駄になっちゃったし。
 ごめんね・・・、俺がもっとしっかりしてれば。力及ばずでさ」
「ああ、そう言う事ね。別に気にしてないから大丈夫だよ。
 それに今回のは、まさとが無力だったからじゃなくって
 明らかに相手が勝手だったからだと思うよ」
「・・・そうなのかな」

それでもやっぱり・・・、悔しいよな。

「とりあえず今日はこれくらいで良いや。元気が出たよ。ありがとう」
「どういたしまして。また話したい時はいつでもどうぞ」
「うん。また・・・、近い内に話すかも」
「ねえ。最後に一つ聞いて良い?」
「何?」
「勝手放題されて悔しくないの?
 しかも嫌がらせしてた奴に取られちゃったんでしょ?
 相手を見返してやろうとか思ってないの?」
「そりゃ悔しいし、嫌がらせした奴には正直ムカついてるけど・・・
 俺にはどうにも出来ないからね」
「どうにも出来ない分、余計に気力が無くなっちゃってるってとこ?」
「まあ、そんなとこかな」
「そう。**********************
「え?最後、何て言ったの?」
「何にも言ってないけど?」
「・・・そっか。幻聴かな、ははは」

知らない内にますます身体がヤバくなってるのかな・・・?

「じゃ私は部屋に戻るね」
「うん、ホントにありがとう・・・」



とりあえず、ちょっとだけ元気は出た。

早く立ち直らないとな・・・。



つづく



↓宜しかったら押してやって下さい

     

〜another story from yuki〜vol.4「閉口」

「で・・・、何を話しましょうか?」
「そうだね・・・」

何でも良いよ。まさとが話したい事を話せば。

「じゃあ・・・、今回の失恋の事を話したいんだけど良いかな?」
「・・・!」

・・・そう来たか。

上手く行けば・・・、同僚二人の名前を聞けるかも・・・。

「私は良いけど・・・、まさとは良いの?」
「うん・・・。ちょっと話したい気分なんだよ」
「まあ、ただ心の中に溜め込んで置くよりは話す事で発散した方が良いって言うしね」
「そうなんだ。
 まあ何て言うか・・・、今回は参ったね。今までで最悪かも知れない」
「・・・それは辛いだろうね」
「うん・・・、これまでの中で一番手ごたえを感じてたんだけど
 まさか一瞬で全てが消えるとは思わなかったってとこかな」
「私だって上手く行くと思ってたよ」
「いろいろアドバイス貰ったのに結果に繋がらなかったよ。
 せっかくディズニーランドに下見にまで行ったのに無駄になっちゃったし」
「・・・何となくそんな気はしてたんだけど、やっぱり行かないんだ」
「うん・・・、行けないよ、こんな状況じゃ」
「その事で向こうは何て言ってた?」
「いや。って言うか、全然連絡無いからね」
「え!?それ、おかしいじゃない!一応、約束したんでしょ?」
「まあ、簡単な口約束だし・・・」
「そんな事関係無いでしょ!どんな形であれ『行こう』って約束はしたなら
 それで行けなくなったって言うなら向こうの一方的な都合なんだし
 そこは向こうが謝るのが筋ってもんじゃない!」
「・・・向こうは筋とか気にしてないんだよ。多分、彼氏に夢中で。
 そんな人だったからね」
「何よそれ・・・、リスカしてた子もそうだけど勝手過ぎじゃない。
 まさとは怒っても良い所だよ。むしろ怒らないと男としてどうなのって話だよ」
「まあ、そうだろうね。でも・・・別に良いよ。ヘタレでも」
「・・・・・・」

何を甘ったれた事を言ってるの、とお説教したいけど
今のまさとならしょうがない、か・・・。

「もう怒る気力も無いって事?」
「そんなとこだね。どうでも良いんだよ」
「そう・・・」

よし・・・、それじゃあ・・・。

「そう言えばさ」
「何?」
「まだ相手の名前とか聞いてなかったよね」
「・・・ああ、そうだったね」
「教えてくれない?何て言う子だったの?」
「それは・・・」

流れとしては悪くない。
ここで教えてくれれば一気にやりやすくなるけど・・・。

「ごめん。ちょっと言わないままにしたいんだ」
「え」

言わないままに・・・?

「・・・それは何故?」
「まあ、いろいろあってね・・・。今更言うのも恥ずかしいと言うか」
「・・・そう。じゃしょうがないか」

恥ずかしい・・・?

失恋した相手の名前を言うのは恥ずかしいって事かな。
まあ分からなくも無いけど・・・、何か引っかかるような・・・。

「・・・・・・」
「・・・・・・」

聞き出せると思ったけど・・・、ダメか。

「ありがとう。ちょっとだけ気持ちが晴れたみたいだよ」
「そう。それは良かったね」
「あ、そうだ。ちょっと謝らないと」
「謝る?」
「実はさ、『treasure』もやめちゃったんだよ」

・・・知ってるけどね。

「・・・何で?」
「もういろんな事に気力が無くなっちゃってさ・・・」

やっぱりそういう事、なのかな・・・?

「そう・・・」
「バイトにしても、『treasure』にしても、せっかく勧めてくれたのに
 こんな形でやめる事になっちゃって。
 ディズニーランドも付き合ってくれたのに無駄になっちゃったし。
 ごめんね・・・、俺がもっとしっかりしてれば。力及ばずでさ」
「ああ、そう言う事ね。別に気にしてないから大丈夫だよ。
 それに今回のは、まさとが無力だったからじゃなくって
 明らかに相手が勝手だったからだと思うよ」
「・・・そうなのかな」

そう、まさとは悪くなんかない。

悪いのは・・・、アイツらの方なんだ。

「とりあえず今日はこれくらいで良いや。元気が出たよ。ありがとう」
「どういたしまして。また話したい時はいつでもどうぞ」
「うん。また・・・、近い内に話すかも」
「ねえ。最後に一つ聞いて良い?」
「何?」
「勝手放題されて悔しくないの?
 しかも嫌がらせしてた奴に取られちゃったんでしょ?
 相手を見返してやろうとか思ってないの?」
「そりゃ悔しいし、嫌がらせした奴には正直ムカついてるけど・・・
 俺にはどうにも出来ないからね」
「どうにも出来ない分、余計に気力が無くなっちゃってるってとこ?」
「まあ、そんなとこかな」
「そう。・・・大丈夫だよ。私が敵を討ってあげるから
「え?最後、何て言ったの?」
「何にも言ってないけど?」
「・・・そっか。幻聴かな、ははは」
「じゃ私は部屋に戻るね」
「うん、ホントにありがとう・・・」



さて・・・。

これで事実上、まさとから聞き出す道は閉ざされたって事になるのかな。

またチャンスはあるかも知れないけど・・・。

こうなるとやっぱり、アキラの情報が頼りになってくるか・・・。



つづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]