忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「こんにちわ、みなさん」
「・・・ああ」
「久し振りね」
「・・・・・・」

マコトはカオルの顔を見ている。
きっと必死で勇気を振り絞ってるんだろう。

「ユキさん。やっとその気になって貰えて嬉しいですよ」
「これ以上アンタに、やりたい放題やらせる訳にはいかないからね」
「ところで・・・、その気になってくれたと言う事は
 僕が言った意味が分かって貰えたと言う事。
 そういう解釈で良いんですかね?」
「・・・まあ、そうなるわね」
「おいユキ、どういう意味だ?」
「それは・・・」
「それは僕がお答えしますよ」
「何?」
「ユキさんでは色々と言いにくい。そうでしょう?」
「・・・お気遣い、ありがと」
「で?何だって言うんだ?」
「簡単な事なんですけどね。
 以前、僕はユキさんに『そろそろ本題に入りませんか』と言ったんですよ」
「それで?」
「ですが、そこで困った事が起こりました。
 ユキさんは、自分の気持ちに素直になっていない。それでは僕の言いたい事が理解出来ない。
 そう考えて『ユキさんが自分の気持ちに素直になるまで延期』と言ったんです。
 つまり、ユキさんから僕に話をして来たと言う事は
 それは自分の気持ちに素直になってくれた。そう言う事だと言っているんです。
 そうですよね、ユキさん?」
「・・・そうね」
「自分の気持ちに素直に・・・?」
「ユキ、それって・・・」
「そうです。まさとさんっていますよね。工藤雅博さん。
 あの人を好きになっている事を認める、って事ですよ」
「・・・!!」
「それじゃあ、お前・・・」
「・・・そうね。悔しいけど認めるわよ。
 私は、まさとの事が好きになってる。それは事実よ」
「ユキさん・・・!」
「お前・・・!」
「あはは、所詮あなたはその程度の人間だったって事ですか」
「どう言う意味だカオル!」
「だってそうでしょう?
 偉そうに『自分はもう誰も好きにならない』なんて言っていたのに
 今、こうして自分から『好きになってる』と認めたじゃないですか。
 と言う事は、御大層な決意を掲げていたにも関わらず
 自分の欲にも勝てないちっぽけな人間だったと言う事です。
 所詮、その程度の軽い決意だった。あっさりと崩れる脆いモノだったんです。 
 そう言う事じゃないですか。違いますかユキさん?」
「・・・そう言う事になるわね」
「てめえはどこまで冷酷になっちまったんだ!
 それは、ユキがそこまで心を開けるようになったって事じゃねえか!
 揚げ足を取るような責め方はやめろ!!」
「だってしょうがないじゃないですか。事実なんですから」
「てめえは・・・!!!」
「待ってジュン」
「何?」
「カオルの言う通りよ。そこは事実じゃない」
「事実なら良いってもんでもねえだろ!
 人間には理屈じゃ割り切れないモノだってあるじゃねえか!!」
「おやおや。ジュンさんまでどうしちゃったんですか?
 いつからそんな青臭い言葉を吐くようになっちゃったんです?」
「カオル・・・!!」
「良いよ。言わせてやりなよ」
「え!?」
「・・・!」
「カオル。確かにアンタの言う通りよ。
 私の決意なんてそんなもの。偉そうに言っておいて結局は欲に負ける弱いもの。
 でも、それの何が悪いの?」
「はい?」
「人間は弱い生き物。だからこそ強くなれる。
 それは・・・、あいつの信条だった事じゃないの」
「・・・!!」
「大事な事は、その弱さを認めて、強くなれるように努力する。
 それが無く身についた強さなんて上っ面だけのモノでしか無い。
 本当に強くなる事の始まりは、弱さを認める事だってのは
 アンタも何度も聞いたんでしょ!?」
「・・・ええ。まあ」
「私は確かに弱いわよ。
 でも・・・、憎しみに溺れて大事なモノが見えなくなってる
 今のアンタなんかには絶対に負けない!!
 アンタに負ける事は・・・、私自身の存在意義の否定でもある。
 そしてそれは、あいつを否定する事でもある・・・!!
 そんな事は絶対にさせない!!!」
「あなたにそんな事を語られたくないですね!!
 存在の否定と言うのであれば・・・、ある意味全てを。
 そして一番否定する事になったのはあなたじゃないですか!!!」
「だから私は・・・!!!」
「いい加減にしろ!」
「・・・!」
「ジュン・・・」
「カオル。お前はそんなくだらねえ論議をする為に来たんじゃないだろ」
「くだらない?」
「お前もユキも、口でどうこう言い合った所で
 いつまで経っても認めない。平行線のままだ。そうじゃねえのか?」
「・・・ええ」
「だったら、どっちが正しいのか。それを証明する為に勝負する。
 その為に来たんじゃなかったのか。
 それなのに今更議論して何の意味がある?だからくだらねえって言ってるんだよ」
「はは、お上手ですね。悔しいですけど、ごもっともな御意見です」
「そんな事より。
 ユキが自分の気持ちに素直にならなきゃ、お前の言いたい事を理解出来ないってのは
 どう言う意味だ?」
「それは私が答えるよ」
「そうですね。そうしてくれた方が、本当に分かっているかの確認にもなりますから」
「・・・偉そうに言ってくれるわね。
 つまりアンタは、私には誰かを好きになる資格なんか無いって言いたいんでしょ?
 人に恋心を抱く暇があるなら、自分と決着をつけろ。
 私が好きになったり親しくなったりすれば相手を不幸にするだけ。
 それを分からせる為にアンタは、まさとにちょっかいを出してたんじゃないの?」
「はは、さすがですね。
 ヒントがあれば正解に辿り着ける。お見事ですよ」
「だったら、もうまさとにちょっかいを出すのは止めなさい!
 アンタ知ってるの!?まさと、ケガまでしたのよ!!」
「ああ、やっぱりそうなりましたか。
 あの男をけしかければそうなる気はしてたんですよね」
「人事みたいに言うんじゃないわよ・・・!」
「まあ、何にせよ。
 分かって頂けたのなら話は進められます。
 近日中に勝負方法を伝えますので、もう少し待ってて下さい」
「勝負をしたがってた割には、のんびりだな」
「準備がありますから」
「・・・準備?」
「では、今日はこれで失礼します。
 工藤さんによろしく」
「・・・アンタなんかによろしくされたくないと思うけど?」
「はは、そうかも知れないですね。それでは」

そしてカオルは帰って行った。



「ユキ、お前・・・」
「何?」
「いや・・・。まさとさんの事を・・・」
「ああ、その話ね」
「本当なのか、それ?」
「・・・まあね。
 だんだん、自分の気持ちが抑え切れなくなって来ちゃって・・・。
 ズルいよ、まさとは。
 あんなに純粋でまっすくで、強くなり続けてるんだから
 それで好きにならないでいるなんて無理に決まってるじゃん・・・」
「ユキさん・・・」
「いや、それで良いんだよ。
 お前がそうやって素直になってくれたら俺だって嬉しいぜ」
「嬉しいの?」
「目の前で心を閉ざしてる奴を見てれば悲しくもなるさ。
 それがやっと・・・」
「ちょっと待って」
「え?」
「申し訳無いけど・・・ジュンは誤解してるよ」
「誤解?」
「私は・・・、確かにまさとが好きになった。
 でも、それはすぐに捨てるつもりだよ」
「え!?」
「・・・どう言う意味だよ!?」
「カオルが言ってたでしょ。
 私は人を好きになる資格なんか無いって」
「あいつの言い分を認めるのか!?」
「カオルの言い分とかじゃ無いよ。それは私自身もそう思ってるの。
 だから・・・」
「意地張ってんじゃねえよ!!
 まさとさんが好きならそれで良いだろ!!!」
「別に意地じゃない。
 私が・・・まだ私自身を許せてないんだよ。
 まさとを好きになっちゃったのは、私の弱さによるものって言うだけ。
 今ならまだ・・・捨てられる。
 このまま弱さに流されるのは、どうしても許せないんだよ」
「それが意地だって言ってんだ!
 お前に資格が無いなんて、そんな筈無いだろ!
 素直になれたなら、そこも素直になれよ!!」
「私は素直だよ。
 素直に・・・このまま好きになっちゃうのは許せないの」
「・・・・・・」
「・・・・・・」



私は・・・。



こう言う生き方しか出来ない・・・。



こう言う生き方でしか
自分を認められないんだよ・・・。



つづく



※まさとを好きになっていたユキ。だが心はまだ閉ざされたまま・・・!
そしてカオルの策略はまだ終わらず
思わぬ打撃をユキに与える・・・!!




     

テクノラティプロフィール
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]