忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「・・・なるほど、な。
 まさとさんが相談に乗った相手を利用した訳か。
 カオルらしいやり方だな」
「おそらく、カオルはまさとを尾行してたのよ。
 何か付け入るスキが無いか探る為にね。
 で、そうしてる内に相談に乗った女の子を見つけ、そっちを探った」
「その結果、別れ話を出してる男がいる事が分かり
 そいつを利用する事を考えた・・・」
「偶然にもと言うべきか、幸運にもと言うべきか・・・
 男の方は身勝手な言い分の奴で妙な事を吹き込むには最適だった。
 そして狙い通り、そいつはまさとに喧嘩を売った。
 嫌な流れね・・・。何もかもがカオルとってプラスになる流れだった訳よ」
「・・・でも、ユキさん」
「ん?」
「カオルさんは・・・、そんな事をして何を狙ってたんでしょう?
 ただ単に、まさとさんに嫌がらせでもしたかんですかね?」
「それは俺も疑問だった。
 まさとさんへの復讐・・・と言うのは可能性として無くは無い。
 カオルの誘いを断ったんだから、逆恨みして、ってな。
 ただ・・・」
「カオルの狙いは、あくまでも私。
 他の人に対していちいち復讐なんてしない」
「だろうな。それに、あいつはそこまで陰湿でも無いだろう」
「・・・そうですか?」
「まあ、何でも利用する辺りは人として許せない所だけど
 冷静に考えれば陰湿とはちょっと違うわよね」
「じゃあ、カオルさんの狙いは・・・?」
「さあな。さすがに俺達もアイツの行動は読めねえよ」
「実は・・・、私は分かってる」
「何!?」
「そうなんですか!?」
「アイツが私に接触して来た事があってね。
 その時に言われた事から推理すれば・・・見当はつくの」
「・・・で?アイツの狙いってのは?」
「その前に・・・、ちょっと言って置きたい事があるんだ」
「何だよ」
「何ですか?」
「実は・・・、もうすぐここにカオルが来るわ」
「な!!」
「・・・!!!」
「まさか、お前が呼んだのか!?」
「そうよ」
「どう言うつもりだ!マコトがいるんだぞ!」
「それは分かってる。
 でもね、厳しい事を言うけど、いつまでも逃げてちゃいけないのよ。
 それは絶対にマコトの為にならない。
 後から言い出した自分を正当化させる詭弁になりっちゃうけど・・・
 逃げてるだけじゃ駄目だって事はジュンも気付いてるんでしょ?」
「まあ・・・、それは一応な・・・」
「・・・・・・」
「ごめん、マコト。
 意地悪するつもりとかじゃないんだけど・・・
 これくらいしないと、あなたの為にはならないのよ」
「・・・分かってます。 私も、逃げてばかりじゃ駄目だ、って自分でも気付いてたんです。
 でもどうにも出来なくて、どうしたら良いのか分からなくって・・・」
「・・・・・・」
「・・・ありがとうごさいます、ユキさん」
「え?」
「これくらい厳しくしてくれた方が、私も壁を越えられます。
 いえ、これくらいしないと越えられなかったかも知れないです。
 皮肉じゃなくて、本当に・・・感謝してます」
「お礼を言われるとは思わなかったな。
 強くなったね」
「いつまでもユキさん達の下にいる訳にはいきませんから」
「あはは、言ってくれるじゃん」
「・・・それより、だ。
 カオルを呼んでどうするつもりなんだ?
 それがアイツの狙いと関係あるのか?」
「まあね。
 結論から先に言っちゃえば・・・アイツの誘いに乗ろうかな、って。
 つまり、こっちから勝負を持ち掛ける、ってやつね」
「前に来た時に言ってたアレか!?」
「そうよ」
「え、それじゃあつまり・・・
 カオルさんの狙いは、ユキさんが勝負をする気にさせる、って事ですか?」
「そんなとこ。
 まあ、本当はもっと色々あるんだけど
 それはカオルが来てからね」
「しかし・・・、どうしてアイツの誘いに乗る気になったんだ?
 確かに俺も、アイツを黙らせるには直接やり合って勝つしか無いとは思ってたが・・・」
「カオルを・・・、本当の意味で止める為かな。
 アイツがここまで暴走してるのは私のせい。
 綺麗事を抜きにして考えれば、それは事実なんだよね」
「まあ・・・、な」
「この戦いは・・・、私がカオルと戦って
 そして勝つ。
 そうしないと意味が無いの。カオルは止まらないのよ。
 きっとこのままじゃ、一生憎しみに縛られて同じ事を繰り返し続ける。
 そこまで屈折してしまったカオル自身にも問題はあるけど
 やっぱり、そんな生き方をさせるようにしてしまった私にも責任があるから・・・
 だから私が、カオルを止めないといけないの。
 アイツの誘いに乗って真っ向から勝負して、そして勝つ。
 そうしないと、無関係の人にまで被害に遭う」
「特にまさとさんがな」
「・・・うん」
「ま、確かにお前の言う通りだな。
 もうアイツは何を言っても耳を貸さないだろうから、それなら力ずくで分からせるしか無い。
 自分が間違ってる、って事を」
「もしも、私が負けたら・・・
 それは私の方が間違ってた、って事なんだろうね。
 偉そうに分かった顔をしておきながら・・・
 実は何も分かってないのは私だった、って」
「心配するな。お前は間違ってなんかいないさ」
「そう信じたいね」



ピンポーン

『こんにちわー、カオルです』



「・・・来たぞ」
「うん」



・・・負けられない。



負けちゃいけない。



負けたくない!!!



つづく



※遂にカオルとの対決に踏み切ったユキ!
しかし流れは、既にカオルの物に・・・!?




     

テクノラティプロフィール
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]