忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺は、とりあえず憂樹を部屋に呼んだ。

さっきの話を・・・
する為にだ。



「さっきの子の事なんだけどさ・・・」
「はい」
「何の話をしてたか分かる?」
「・・・さあ?
 告白でもされたの?」
「・・・当たり」
「当たりなんだ」
「うん・・・」
「まあ、あんな良い雰囲気になってたらそう考えるねが妥当よね」
「そう・・・だよね」



・・・憂樹はいつも通り淡々と喋ってる。



そう。

いつも通りに。



「何で告白されたの?
 やっぱり相談に乗ったのがきっかけで?」
「そうだね」
「良かったじゃない。
 人には優しくしとくもんよね」
「あのさ・・・」
「ん?」
「憂樹が、俺達を見た時・・・逃げたよね?」
「ああ・・・。うん」
「嫌な事を言って申し訳無いんだけど・・・
 あれは何で?」
「いや、だって・・・
 驚いたのと邪魔しちゃ悪いと思ったからだよ」
「・・・!!」

・・・そうか。

そうだよ・・・な。

「せっかく良い雰囲気なのに、私が入って壊す訳にはいかないじゃん」
「そう・・・だよね。
 ありがとう・・・」
「いえいえ」
「で、さ・・・」
「はい?」
「憂樹は・・・
 俺が告白された事は、どう思ってる?」
「『どう』って?」
「え」
「それは喜ばしい事だけど・・・
 他に何かあるの?」
「いや・・・
 付き合っても良いのかとかさ」
「前に、まさとが告白した時に言ったじゃない。
 まさとが好きになった人なら、私は何も言わないって」

山口さんの時か。

「それとも、また何か問題がある子なの?」
「いや、そう言うのは今の所、何も・・・」
「なら良い事じゃない。
 別に私は何も言わないよ。まさとが誰と付き合おうと自由なんだし
 まさとに彼女が出来れば私も嬉しいし」



・・・・・・。



「本当に・・・嬉しいの?」
「・・・はい?」
「いや・・・。
 俺に彼女が出来たとしたら・・・、憂樹は本当に嬉しいの?」
「・・・うん。もちろん嬉しいけど?」
「じゃあ・・・
 付き合っても良いのかな・・・?」
「変な事、聞くんだね。
 そんなの私の了承を得る必要なんて無い事じゃないの?」
「・・・!!!」



確かにそうだ・・・。

憂樹に「良いか」と聞いて・・・
どうなるって言うんだ。

「付き合わないで」とか言って欲しかったのか?



「・・・ありがとう」
「え?」
「憂樹のおかげで、何か迷いが吹っ切れた気がするよ・・・」
「迷い?迷ってたの?」
「・・・うん。ちょっとね」
「まあ、それが吹っ切れたなら良かったじゃない?」
「そうだね・・・。
 本当に・・・、ありがとう」
「どう・・・、いたしまして・・・」



俺は・・・。



俺は・・・!!!



つづく




     

テクノラティプロフィール
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]