忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そしてバイトが終わった。

藤井さんには先に帰ってもらい、俺は一人で外に出た。



秋山は律儀にも、本当に店の外で待っていた。
あれからずっとここにいたのか。



「・・・お待たせしました」
「ああ、どうも」

よく考えたら、秋山には言いたい事があったんだ。
もう関わりたくないという方が大きかったけど。
でもこうして『関わる』羽目になったなら、それを言えるかも知れない。



とりあえず、店の前で話すと言うのも他の人の邪魔になるし
駐車場で話す事にした。ここもどうかとは思うが、すぐ済むって言ってるしな。

「・・・で、話って何ですか?」
「工藤さん、先日、海浜公園にいましたよね?」
「いましたけど?」

・・・何で知ってるんだ。

「そしてそこで憂樹さんに会いましたよね」
「・・・!!」

何でそこまで・・・!!

「どうして知ってるんですか!?」
「簡単な話ですよ。僕が憂樹さんに教えたからです。
 だから会う事になった。それだけの事です」

憂樹に・・・教えた?

「憂樹に教えたって何をですか?」
「工藤さんが海浜公園にいる事を、ですよ」
「・・・その理由は何ですか?何でそんな事をわざわざ教えたんです?」
「さあ。何ででしょうね」
「は!?」
「僕が言いたいのはそこなんですよ。
 その理由は・・・、憂樹さん本人から聞いてみて下さい」
「どうして憂樹に聞かないといけないんですか?
 ここで言ってくれれば良いじゃないですか」
「それが目的だからです。僕からじゃなく憂樹さんから聞いて欲しい。
 そこに意味があるんですよ」
「・・・・・・。ちょっと教えて下さい」
「何でしょう」
「・・・僕が、女の子と一緒にいたのは知ってたんですか」
「ええ。知ってましたよ。さっき先に帰った人でしょう?」
「・・・!!」



・・・その時、嫌な仮説が浮かんでしまった。

もしかしたら・・・、こいつは・・・。



「ひょっとして」
「はい?」
「僕がその子と一緒にいた事を憂樹に見せる為に教えたんですか」
「あれ、よく分かりましたね。そうですよ」
「・・・!!!」



その瞬間・・・、抑えていた感情が爆発してしまった。



「ふざけんな!!!」
「・・・!?」
「お前、一体何がしたいんだ!あれこれとつまらない事ばっかやって!!
 憂樹に文句があるなら直接憂樹に言って、白黒つければ良いだろ!!
 俺や関係無い人まで巻き込んで、お前おかしいぞ!!!」

突然言葉を荒げてしまい、さすがに秋山は驚いていた。

しかし、すぐに冷静な顔になり・・・。

「はは、確かにおっしゃる通りですね。
 ですが、その意見に従う事は出来ません」
「え!?」
「僕らには僕らのやり方があるんです。
 そのやり方通りに行くと、普通だとか正しいだとか。
 そんなモノは関係無くなってしまうんですよ。
 あなたには分からないでしょうが、それが僕らの生きる世界の住人の
 生き方でありルールであり、そして戦い方なんです。
 今更『まとも』だとか『普通』だとか、そんな奇麗事は出来ないんですよ」
「その『僕ら』ってのは・・・、憂樹も入ってるって事かよ」
「ええ。そう言う事です。
 確かに他人を巻き込むのはよくないですが、じゃあ逆に教えて下さい。
 僕が誰に迷惑をかけました?」
「・・・!!!」

それは・・・。

「まず、さっきの女の子です。
 その口ぶりから察するに、工藤さんが彼女と話していた時に
 彼女の彼氏が来た事がありましたが・・・
 それが僕の仕業だというのは、もう知ってるんですよね」
「ああ・・・、知ってるよ」
「そこで、誰が迷惑したんですか?」
「・・・!!」
「あの彼にしてみれば、彼女に会いたかった。
 僕は彼女が何処にいるか知っていたから教えた。
 何か問題でもあるんですかね?」
「でも、そのせいで別れる事に・・・」
「それは違うでしょう。それとは別に、既に別れ話が出ていて
 あの時点では別れる事は決定済みだった筈です。
 その後、修羅場になって荒れたと言うのはあるでしょうけど
 それはもう本人達の問題であって、僕は無関係の筈です。
 それとも、工藤さんは彼の気持ちは無視して構わないという意見ですか?」

・・・確かに秋山の言う通りだ。

まあ、そこはただの大義名分であって
本当の目的は別にあり、そこを利用しただけだとは思うが・・・。

「そして、工藤さんはその彼に殴られたそうですが
 それもまた、彼の人間性に問題があったと言う話であって
 教えた僕を責めるのはお門違いじゃないですか?
 逆に言えば、彼が普通であれば良かった。工藤さんは殴られなかった。
 僕が教えたから殴られたと言うのは結果論なだけであって
 直接の原因になっている訳じゃない。違いますか」

・・・反論出来ない。

「まあ、僕はかなり卑怯者ですからね。
 色々と利用していると言うのはありますよ。
 ただ、そこを正当な理由をもって責める事は出来ない。
 そこまで計算してやる。それが僕のやり方なんです」

・・・・・・。

やっぱりこいつは・・・、簡単には勝てない・・・。

「お望み通り、憂樹さんとは近い内に白黒つけますよ。
 工藤さんは、あの彼女と幸せになって下さい。
 僕や憂樹さんは・・・、あなたと住む世界が違うんです。
 関わるだけでとばっちりを受ける事もある。
 それが嫌なら、僕とも、そして憂樹さんとも縁を切るべきです。
 まあ、僕と切るのは簡単ですけどね」



それだけ言うと、秋山は帰って行った。



悔しいけど、完全に言い負かされてしまった。
アイツの言う通り、正当な理由をもって責める事なんて出来なかった。



でも、聞いた方が良いかも、と言う予感は当たった気がする。

あの時、あそこに憂樹がいた理由を聞けたからだ。
秋山に呼ばれたからだったなんて・・・。



とりあえず、その辺を憂樹に聞いてみるか・・・。



つづく




     

テクノラティプロフィール
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]