忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「おはよ、まさと」
「おはよう・・・って、何その格好!?」

憂樹がスーツを着ている・・・。

「え、何で?」
「そんなの着てるとこ・・・、初めて見たよ」
「そうだったっけ?最初から持ってたんだけどね」
「・・・カッコイイね」
「そう?ありがと」

お世辞とかじゃなく、本気でそう思う。
凛々しさを感じるって言うか・・・。

「何でスーツなんて着てるの?」
「今日、大事な仕事があるから。言ってみれば私の戦闘服だよ」
「・・・戦闘服か」

憂樹の真剣な顔なら何度も見てるけど
この姿で真剣な顔をされると、今までより更にカッコ良く見える。

「気合い入ってる?」
「まあねん。久々に本気フォームだよ」
「本気『フォーム』て」
「昨日話したけど、これが片付いたら全部終わるから
 そうしたらディズニーランド行こうね」
「・・・うん」
「じゃあ、行って来ます」
「あれ、もう?」
「早くから始まるからね。準備もあるし」
「いってらっしゃい。・・・頑張ってね」

何を頑張るのか分からないけど。

「ん。頑張って来ます」



ここんとこ、憂樹の顔をまともに見れない・・・。
あの夢を見て以来、憂樹の事を変に意識するようになっちゃったんだよな。

話はするし、普通に接してるけど・・・。どこか緊張しちゃう。



「こないださ、ディズニーランド行こうって誘ってくれたでしょ?」
「ああ、そうだね」
「言ってた大事な仕事がもうすぐ終わるから、近い内に行けそうだよ」
「ホント!?」
「うん、それに真琴にパスポート貰っちゃってさ。
 お世話になってるお礼だって言われて」
「へえ・・・?」
「だから準備とかしといてね。私もしとくから」
「・・・分かりました」



昨日、こんな会話をした。

近い内に行けるって事で嬉しくなったけど
当初の予定とは目的が大きく変わってしまった。

最初は、本当に気晴らしのつもりで誘ったんだけど
いつの間にかそれはどうでも良くなったんだ。

今はただ・・・、憂樹と一緒にどこかに行きたい。

純粋に、それだけが望みだ。

そしてその望んだ通り、憂樹と出掛けられるし
その日はもうすぐそこまで来ている。

憂樹と出掛けた事なら、今までに何度もあるけど
自分の気持ちに気付いてからは初めてだ。

・・・緊張する。

嬉しい反面、同じくらい緊張する。

亜矢子の時も、山口さんの時も
一緒に遊んだり出掛けたりした時は嬉しかったし、多少緊張もしたけど
どう言う訳だか、今回は今まで以上に緊張してしまう・・・。

鋭い憂樹の事だ。
下手に顔に出したら俺が憂樹を好きになってると見抜くだろうな。

いずれは分かる事なんだけど・・・、今はまだマズイ。
そこが緊張の理由なんだろうか。

それならそれで、いつ話すべきなのか。

そもそも今後どうして行くべきなのか。

正直、どうして良いのか分からない所が多々ある。
憂樹に相談する訳にはいかないし。

もっと強くなって、憂樹との信頼関係が上がっていれば良かった。
そうすれば告白をしても大丈夫だと思えたかも知れない。
でも今はまだ・・・、とてもじゃないけど・・・。



とりあえず・・・。

この気持ちに気付いてしまった以上、もう戻る事は出来ない。

いつか憂樹を振り向かせる為にも、出来る事を一つずつやって行くしか無い・・・。



つづく



↓宜しければ押してやって下さい

     

〜another story from yuki〜vol.15「対峙」

「おはよ、まさと」
「おはよう・・・って、何その格好!?」
「え、何で?」
「そんなの着てるとこ・・・、初めて見たよ」
「そうだったっけ?最初から持ってたんだけどね」
「・・・カッコイイね」
「そう?ありがと」
「何でスーツなんて着てるの?」
「今日、大事な仕事があるから。
 言ってみれば、私の戦闘服だよ」
「・・・戦闘服か」

そう。

これから私は、戦いに行くんだから・・・。

「気合い入ってる?」
「まあねん。久々に本気フォームだよ」
「本気『フォーム』て」
「昨日話したけど、これが片付いたら全部終わるから
 そうしたらディズニーランド行こうね」
「・・・うん」
「じゃあ、行って来ます」
「あれ、もう?」
「早くから始まるからね。準備もあるし」
「いってらっしゃい。・・・頑張ってね」
「ん。頑張って来ます」

頑張って・・・、仇を取って来るよ。



「おはよー」
「おーす」
「おはようございます!」
「あれ?やっぱりアキラは来ないの?」
「いや、アイツはもう会場入りしてるよ。別室で一人だけで見たいんだとさ。
 その準備をしてるんだろ」
「いつの間にそんな事してたのよ、あの子・・・」
「ま、マコトはその方が良いしな」
「あはは・・・、そうですね」
「ところでジュン、確認は?」
「ああ、バッチリだ。大成功だよ。お前の方は?」
「私も来る時に連絡して確認したから大丈夫」
「そう言や、久し振りだよな。マコトは初めてだったっけか?」
「ハイ、初めてです」
「最初で最後かも知れないけどね。私達はもう行かなくなっちゃったし」
「あの・・・、ユキさん」
「ん?」
「これからTCCのイベントに行くのは分かりましたけど・・・。
 そこで何をするつもりなんですか?」
「今回のフィナーレを飾りに行くのよ」
「フィナーレ!?」
「あいつらと対峙するの。ま、直接顔を見せる訳にはいかないから・・・
 こうやって変装するんだけどね」
「・・・え!」
「また金髪のヅラにサングラスかよ・・・。お前、その変装好きだな・・・」
「だってメロみたいでしょ?」
「メロはスーツなんか着た事無いだろ・・・」
「ま、とにかく行きましょ。私達も準備しなきゃ」



「こんにちわー、高山さん!」
「おお、ユキちゃん!それにジュン君も!」
「お久し振りですね」
「ども、お久し振りです」
「いやー、また二人に会えるとは嬉しいね!」
「あはは、すっかり御無沙汰になっちゃいましたからね」
「どうですか、最近のイベントは?」
「まあ客は増えてるけどね・・・。トラブルも絶えないかな」
「・・・?」
「そっちの子は新人さん?」
「そうです。ほらマコト、挨拶して」
「あ、マコトです!初めまして!」
「どうも、初めまして。TCC代表の高山です」
「え・・・、代表さんなんですか!?」
「そうですよ。・・・ってユキちゃん、教えてないの?」
「突然言って驚かせるのが好きですから」
「はは、相変わらずだね」
「それより、別室の方は?」
「もう出来たよ。ユキちゃんが言ってた三人も
 ちょうどさっき来たばっかりだ」
「じゃあ早速やります。あと10分したら、アナウンスを流して下さい」
「分かった。任しときな」
「あの・・・、アキラの奴は?」
「ああ、第二スタッフルームにいるよ。イベント開催中ウチらは行かないからね。
 まあ君らに頼まれちゃ断れないし迷惑でもないから良いんだけど」
「すいませんね・・・」
「いやいや、起動とか設定とか手伝って貰ったし
 ギブアンドテイクが成立したから良いよ」
「さて・・・、じゃあ行きましょうか!」



ピンポンパンポーン

『本日は御来場頂き、誠にありがとうございます。TCCからのお知らせです。
 フィンさん、マッキーさん、ガッティさん。お客様がお待ちです。
 至急、受付まで御越し頂くよう、御願い致します』

「・・・ねえ、今の聞いた?」
「うん、聞いた」
「俺らに客って・・・、誰だろね?」
「とりあえず行ってみようよ」



「あの・・・、さっきの放送で呼び出された者なんですけど」
「ハイ!えーっと、フィンさん、マッキーさん、ガッティさんですよね?
 全員お揃いですか?」
「ええ、揃ってます」
「それでは、あちらの別室に行って頂けますでしょうか?
 あちらでお客様がお待ちですので」
「すいません、お客って誰なんですか?」
「さあ、それは・・・。御会いすれば分かると言ってましたから・・・」
「良いよ、行こう」
「うん」
「そうだね」
「まさか・・・、工藤だったりして」
「工藤さん・・・?」
「くどっち!?今更何で?」
「俺らに文句言いにとかさ。それなら言い負かしてやるけど。ははは」



「うわー・・・、こっち初めて来た」
「広いね・・・」
「ホールになってるからなあ・・・。でも誰もいないじゃん」
「そうだよね?すいませーん!言われた通り来ましたけど!!」

コツ、コツ、コツ、コツ・・・

「ん!?」
「誰か来るよ」
「・・・外人さん?」

カッ!

「お待たせしました。あなた方をお呼びしたのは私です」
「アンタ、誰だよ?」
「その質問に答える前に・・・
 何故あなた方がここに呼び出されたかお分かりですか?」
「知らないけど?」
「あなた方には・・・、このイベントに参加する資格は無いんです。
 ですから、今すぐにここから出て行って頂きたい。それを伝えに来ました」
「はぁ?何言ってんだアンタ?」
「私達に資格が無いって、どうしてそんな事言えるのよ!」
「こんな事するアンタの方が、参加する資格が無いんじゃないのか!?」
「そうだよ!TCCの人が黙ってないよ!」
『それは大丈夫ですよ』
「え?アナウンス?誰?」
『私は、TCC代表の高山です』
「え!高山さん!?」
『この場は私が許可を出していますので特に問題はありません。
 反論はその方に伝えて下さい』
「そう言う事です。
 さすがに他の方がいる中で出て行って下さいと言う訳にもいかないので
 こうして別室をお借りしたんです」
「チッ・・・。
 まあそれは分かったけど、何で俺らに参加資格が無いんだよ!
 そこを説明してみろよ!」
「では・・・、そこにパソコンが三台置いてありますよね。
 そこからログインしてみて下さい。
 ログインが出来たと言うのであれば、土下座でも何でもしましょう」
「はっ、言ったな?じゃあ今してやるよ。土下座してもらおうじゃねーか!」
「私もするわよ」
「私も」

・・・ふふ。

「あれ?『そのIDは存在しません』とか出た」
「・・・え!?」
「ログイン出来ない・・・」
「おかしいな?パス間違えたか?」
「おや?どうかしましたか?」
「うるさいな!ちょっと間違えただけだよ!」
「おかしいよ・・・!ログイン出来ない!」
「何で・・・!?」
「どうなってんだこれ!?」

ふふ。

だから言ったのに・・・。



つづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]