忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ねえ、まさと・・・」
「何だよ?」
「今度は何処に行く?」
「・・・イッツ・ア・スモールワールド?」
「良いね!行こう行こう!!」
「ホント好きだね・・・」

今日、三回目だぞ・・・。よく何度も乗れるな・・・。

ま、憂樹と一緒なら良いんだけど・・・。

「ねえ・・・」
「何?」
「手、繋ぐ?」
「え」

急に・・・、何を・・・。

「嫌?」
「嫌じゃないけど・・・」
「けど?」
「どうしたのさ、急に・・・」
「繋ぎたいからに決まってるじゃん」
「・・・俺と?」
「そう」

そりゃあ、また・・・。

嬉しい事を言ってくれるなあ・・・。

「それとも、腕組む方が良い?」
「いや・・・、どっちでも・・・」
「まさとはどっちが好き?」
「俺はそう言う経験が無いからさ・・・。
 彼女と手を繋ぐとか、腕を組むとかした事が・・・」
「そっか。じゃあ私のしたい方で良い?」
「良いよ」
「なら、これで」
「・・・!!」

憂樹は、俺の左側に回ると
俺の左手を自分の右手で握り、更に自分の左手を俺の左腕に絡めて来た。

「良いでしょ、これ。手も握れるし腕も組めるの」
「まあ・・・ね」

こんなやり方があったのか。初めて知った。
まさか自分で考えたのか・・・?

「あのさ」
「今度は何でしょう?」
「ちょっと甘えても良いかな?」
「・・・はい?」
「私さ、今まで男の人に甘えた事って無いんだよね」
「はあ・・・」
「だから思いっ切り甘えてみたいんだ・・・」
「なるほどね・・・。別に構いませんが」

でも甘えるってどうするんだ・・・?

「じゃあ遠慮無く」
「うお・・・」

憂樹が俺の肩にもたれて来た。
急にだったんでちょっとよろけたが、重い訳でも無いし平気だ。

甘えるってこう言う事だったのか・・・。

でもこれ・・・、結構恥ずかしいな・・・。

「あー・・・、落ち着く・・・」
「そうかい?そりゃ良かった」
「まさと、緊張してる?」
「いや・・・、人前で腕組んだりした事無いからさ・・・。
 ちょっと恥ずかしくって・・・」
「良いじゃん。最近じゃ、中学生だってやってるよ」
「そりゃそうだけどね・・・」

でも・・・。凄く幸せな気分だな・・・。



そこに憂樹がいると言う「存在」を感じられる。
手を繋いでいる事で。腕を絡めている事で。もたれかかられている事で。
触れ合っている事で、確実にそこにいると言う事を認識出来る。

そして憂樹の温もりや鼓動が伝わって来る。

それがこんなに幸せな事だったなんて知らなかった・・・。

俺は今、言葉では言い表せない程の幸せを感じていた・・・。

願わくば、この幸せがいつまでも続きますように・・・。



つづく



↓宜しければ押してやって下さい

     

~another story from yuki~vol.12「決定」

~一週間後~

「・・・ユキ、こっちの奴の日記を見てみろ」
「何?」
「山口優希子のマイミクの『舞』って奴なんだが・・・内容が面白いぞ」
「『私の友達が、彼と仲直りしたそうなんです。
 私は応援しているので、絶対に幸せになって!』」
「まだあるぞ。
 『大好きな二人がこれからもラブラブでいられるよう見守りたい』
 『愛の花の蕾が満開になるまでがんばって!』
 『彼氏さんが素敵な方なんで幸せを掴んで欲しい!』
 ・・・応援尽くしだ」
「これって、山口優希子の事かな」
「ああ、間違い無い。
 山口優希子の日記に『友達に彼氏の事で相談した』てのがあっただろ」
「あったわね」
「舞の日記の方には『すごく仲の良い友達に相談を受けた』ってのがある。
 それを書いたのは・・・、山口優希子が相談したと言う日の翌日だ」
「なるほど。じゃあ決まりね」
「しかしまあ、友達思いではあるが・・・。
 こいつはガッティと山口優希子の猫被りに、見事に騙されてるな。
 本性を知らないからここまで応援出来るんだろう」
「馬鹿の仲間も馬鹿だ、って事よ。
 日記で暴言を吐きまくる男のどこが『素敵』なのか聞いてみたいわね」
「・・・ジョン・トラボルタ主演の『ソードフィッシュ』って映画を見たか?」
「見たわよ。凄腕のハッカーを雇って銀行強盗するやつでしょ」
「あれは面白かった。批判もあるが俺は大好きだ。
 トラボルタ演ずるガブリエルは作中で非常に良い事を言っている。
 この作品の中で重要なキーワードでもある・・・」
「思い込み。『ミスディレクション』ね」
「そう、それだ。『人は、見た物や聞いた物を真実と思う』。
 人間ってのは馬鹿な生き物だよな。本当の意味での『真実』に辿り着くには
 あと二つ、プロセスが抜けてるってのに」
「『考える』と・・・、『疑う』ね」
「そこまでして初めて、真実は『真実』として確定するんだ。
 こいつは、それを怠っている。
 ガブリエルが言う所の『見た物や聞いた物を真実と思う』ってのを
 全力で驀進しちまってるんだな」
「山口優希子の言った言葉、そしてガッティと付き合っている所。
 それだけを鵜呑みにしてるのね。それが全て、つまり『真実』だと思っていると」
「そう言う事だ」
「・・・でもミスディレクションは違うんじゃないの?あれはいわゆる『誤誘導』って事よ。
 山口優希子は狙ってやってる訳じゃなくて天然でやってるんだろうから」
「そこは気にするな。『思い込み』だけで良い」
「はいはい」
「で、どうだ?・・・面白いだろ?」
「確かに面白いよ。・・・滑稽過ぎてね」
「知らない事は幸せだ、とはよく言ったもんだな」
「ホントね」

ピー

「・・・アキラだ」
「あら、久し振りね」
『アキラです!すいません!連絡が出来なくって・・・』
「やたら時間がかかってたけど、どうかしたの?」
『情報の裏付けに手間取っちゃったんです。
 なかなかこれといった確証が無くって・・・』
「じゃあ、こうして連絡出来たって事は・・・」
『ハイ!掴みました!』
「今度はどんなのだ?」
『それは・・・』
「あれ?アキラさんからメールが来ましたよ?」
「何?」
『あ、マコちゃん!ダメだよ言っちゃ!』
「え、だって・・・」
「相変わらず抜けてるな、お前は・・・」
「言い終わったらメールが届くって演出にしようとしたんでしょ?
 メールを送信するタイミングが早いのよ・・・」
『すいません・・・』
「で?これがその情報だってのか?」
「マコト、メール開いてみて」
「ハイ!」
「ウィルス仕込んでたりしてないだろうな?」
『ジュンさん、俺を何だと思ってるんですか・・・』
「・・・これ!こないだの!!」
『そうです!例の人の情報が手に入りました!』
「これの裏を取ってたのか?」
『ええ、なかなか捕まらなくって・・・。
 でもようやくそこまで揃いましたよ!』
「・・・・・・」

ここまでやってくれるなんて予想以上だなあ。

あんまり凄過ぎて・・・。

身震いして来ちゃうじゃない・・・!

「・・・ユキ?」
「え?ゴメン、何?」
「いや・・・、今のお前、怖い顔してたから・・・」
「ちょっとね。考え事してたのよ・・・」
「・・・・・・」
「で?他には無いの?」
『あ、フィンの事なんですが』
「鈴木華穂ね?どうしたの?」
『調べてみたら、過去に何度もトラブルを起こしてます。
 まあ簡単な喧嘩程度なんですけど』
「それはパーティー内の問題で、って事か?」
『それもありますけど、パーティー同士で交流する事もあるじゃないですか。
 その時に親しくなった人達とも揉めてるんですよ』
「やれやれ・・・。誰彼構わずって事かよ」
「それってもしかして、相手に怒られたとかじゃないの?」
『そうです!遅刻した事を注意されて泣き出して大騒ぎになったらしいですよ。
 自殺するって言い出したりもしたとか』
「なるほどね・・・。どうやら鈴木華穂は、私達の想像通りの人間みたいね」
「ああ、ここまで想像通りだと怖いくらいだ」
「そうであってくれると・・・。色々やりやすくなるんだけどね」
「そうだな。こっちの思い通りに動いてくれそうだ」
『あと、ガッティですけど』
「まだ何かあるの?」
『こいつ、やっぱり何度もHNを変えてますね。
 分かってるだけで四回は変えてます』
「・・・!!」
「何!?」
「原因はやっぱり・・・トラブル絡み?」
『正確な所は分からなかったんですけど・・・
 少なくとも二回はそうだったみたいです』
「トラブルの原因は?」
『それは簡単ですね。つまんない意見の相違で喧嘩になったらしいです』
「で、四回も・・・、いや、下手すりゃもっと変えてる訳か。
 そりゃID譲渡やら共有IDやらはお手のものだろうな」
「こっちも・・・、性格が分かりやすくって助かるわ。
 おかげで策が進めやすそう」
「へえ?上手く行きそうなのか?」
「そうね。あとは・・・。
 マコト。フィン、マッキー、ガッティのログイン状況はどうなってたっけ?」
「月曜にフィン、水曜にマッキー、金曜にもマッキーです。
 それぞれ、他の二人を差し置いて一人でログインしてます」
「月、水、金は鈴木華穂と山口優希子がシフトに入っている日。
 その日にはフィンもマッキーもログイン出来る筈が無い・・・」
「だが現実にこれが起こってる。となると・・・。
 ガッティは日常的に共有IDをやってるって訳か」
「そしておそらく・・・、ガッティは共有IDの秘密を分かってないわ」
「どうしてだ?分かってるから、こんなに頻繁に出来るって事じゃないのか?」
「分かってるなら・・・、一日にフィンとマッキー両方をやるでしょ。
 コイツは、単に一日一キャラにしてるだけなのよ。
 性格的にも、そんなに知恵の働く人間じゃなさそうだしね」
「なるほどな。じゃあ確定って事か」



そう・・・。

「オッケー・・・!これならいけるわ!!」


上手く行けば・・・全てを潰せる!!
待っていろ・・・、鈴木華穂、山口優希子、そしてガッティ!!!



つづく
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]