忍者ブログ
様々な想いが交差する!3rdシリーズ『真実』編!!
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうダメだ・・・。憂樹に相談しよう。
情けないけど・・・、これ以上はどうにも出来ない・・・。



俺は、憂樹に今回の件の一部始終を話した。

「・・・また随分と身勝手な言い分だね、その子」
「まあね・・・」
「ハッキリ言うけど、まさとは悪くないと思うな。
 約束破っといて怒られたら逆ギレした。そんな風にしか見えません」
「やっぱりそうだよね・・・」
「ただ、全く悪くないのかと言うとそうでも無いんだけどね」
「え」
「そこで怒っても良いけど
 もうちょっと穏便に済ませられなかったのかって事。
 気持ちは分かるけど、そんな言い方すればこじれるのは目に見えてるでしょ」
「ごめん・・・。ちょっと熱くなっちゃって」
「私に謝ってもしょうがないじゃない」
「そりゃそうだ・・・」

やっぱりそこなんだよなあ・・・。

それは自分でも分かってはいた事で・・・。

「・・・で、そこなんだけど、何か他に理由があるんじゃないの?」
「え?」
「約束を破られて怒る。まあ、真面目なまさとの事だし分からないでも無いけど
 何かひっかかるんだよね。他にイライラしてた事とか無かった?
 そこで今回の事があって爆発した。違いますか?」
「・・・!!」

それは・・・。

「まあ・・・あったね」
「やっぱりね」
「どうして分かったの?」
「私は付き合い長いし、まさとの性格はそれなりに理解してるつもりです。
 だから、まさとが真面目とは言えそれでそこまで怒るって言うのは
 何か腑に落ちなかったんだよ。
 まさとって感情に流されやすい所もあるしね」
「なるほどね・・・」
「で?何があったの?
 もしかして、先日の嫌がらせして来た人の事ですか」
「・・・そう」

・・・何もかもお見通し、か。

「友達って言うのがいつも話してるバイト先の人達でさ。
 その人達の友達が、嫌がらせして来た奴なんだよね。
 で、そいつと話してて俺との約束を破ったって事にムカついて
 しかも謝りもしないし、罪悪感も感じてなかったみたいだし・・・」
「で、キレてしまったと」
「・・・はい」
「その相手も、随分と狡猾だね。先手先手を打って来てるじゃない。
 まさとは、その先手の影響をまともに受けちゃってる。
 ・・・前回は聞かなかったけど、何でそいつはまさとの事嫌ってるの?」
「こないだ、リスカしてる人が倒れちゃったって言ったでしょ?」
「ああ、病院からかけて来たアレね」
「その事を、そいつに話したらしくって・・・」
「誰が?」
「その人が」
「・・・物好きだこと」
「で、その時に俺が一緒にいたから俺のせいだって思ってるんじゃないかな」
「ああ、なるほどね。結果だけ聞けばそう思いたくもなるわね。
 短絡的極まりないけど」
「他にもいろいろあるんだけど・・・
 そいつも、俺が告白した人を狙ってるっぽいんだよね」
「へえ・・・?」
「だから、俺が邪魔者で排除しようとでもしてるのかも」
「そう言う事だった訳ね。これでスッキリしたよ」
「で、俺は・・・、どうするべきなのかな」
「仲直りしたいって気持ちはあるの?」
「そりゃもちろん」
「だったら下手に小細工しないで、ちゃんと謝るべきでしょ。
 ちょっと熱くなり過ぎちゃったって」
「そうだよね・・・」
「ま、その子は自分の間違いを認めないような性格みたいだから
 相手の事をあれこれ言わない方が無難かも知れないです。
 言えば、また怒り出すと思う」
「・・・分かった」



次の日。

バイトに行ったが・・・。

鈴木さんも山口さんも、俺とは一言も話さなかった。
こんな空気じゃ俺も話しかけられない。

一緒に仕事をする以上、会話はしないといけないが
必要最低限の事だけ、しかも他人のように話して来た。

・・・空気が重い。



とりあえず俺は、仕事が終わった後に鈴木さんに電話をかけた。

『もしもし』
「あ、俺だけど」
『何?』
「いや・・・、ちゃんと謝ろうかと思って。今日、全然話してくれなかったし」
『いいよ、もう』
「いいって?」
『もう、くどっちとは仲直り出来ないよ』
「・・・何で!?」
『あんな風に言われて、私が傷つかないとでも思ったの?
 あの後、リスカしたんだよ!くどっちのせいで!』
「・・・・・・」

・・・そうなのか。

「でも、それはそっちも非があるからだろ」
『だからって傷つけて良いって訳でも無いでしょ!?』

言ってる事が滅茶苦茶だ・・・。

その理屈で言うと、やられた方は何も言えなくなる・・・。
間違った事をやった方が得するだけじゃないか・・・。
明らかに自分を正当化させる為の詭弁だ。

「じゃあ・・・、俺と仲直りする気は無いの?」
『怖いんだよ。またあんな風に言われて傷つくのが』

そりゃ、キレたら怖いと思うのは勝手だけどさ・・・。
それより自分が間違った事をしないようにするって気は無いのか。

『それにさ』
「え?」
『優希子も、もう工藤さんとは仲直り出来ないって言ってるし』
「・・・そうなの?何で?」

・・・俺は山口さんにはキツい事は言ってないのに。

『優希子、ガッティさんと付き合う事になったんだって』



・・・え?

山口さんとガッティが・・・?

付き合う・・・?

どうしてそうなるんだ・・・?

頭が・・・真っ白になって・・・

まともに働いてくれない・・・。



つづく



↓宜しければ押してやって下さい

     
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけが読む事ができるコメントになります。)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
       


↓久遠のブログ、始めました
こちらからどうぞ

第一話から

読む方は

こちらから


登場人物紹介

最新CM
[10/01 tlgetplkvg]
[08/19 魚]
[06/28 久遠]
[06/28 魚くん]
[05/31 ブログランキング]
プロフィール
HN:
久遠
性別:
非公開
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © BE ALIVE! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori  

忍者ブログ [PR]